JCEP:Japan Clean Environment Promotion

年頭所感:エネルギーベストミックスの一翼を担う (「新エネルギー新聞」 1月9日号掲載)

2017年1月16日月曜日 6:44 PM, 記事カテゴリー:お知らせ,メディア掲載, 投稿者:namikishinntaro
理事長:石村毅

 新年明けましておめでとうございます。皆さまお健やかに新しい年をお迎えのことと存じます。

 

 人類の歴史は、エネルギー利用の歴史とも言えます。人口が増えるに従い、より高密度のエネルギー源の必要性が高まり、それがより高度な利用技術を生み出し、各種産業を発展させ、社会構造全体の近代化へと結びついてきています。18世紀の産業革命に触発されて約10億人であった世界人口は、国連の最新統計では、約73億人にまで到達しています。2050年頃には100億人近い人口になると推定されていますが、果たして有限の従来型の地下資源で養えるのでしょうか。我々の地球は誕生して46億年。これを1年365日のカレンダーにすると、最後の12月31日午後11時37分にホモ・サピエンスが出現し、午後11時59分に産業革命となり、ここからわずか数分で地球化石燃料を使い尽す勘定です。

 

 現在は、このエネルギーニーズに「環境」という極めて重大なニーズが負荷され、ややもすると二律背反の関係でとらえられてきた経済成長と温暖化対策を両立関係に持っていきながら、国家や地球という我々人類にとり、かけがいのない存立基盤を維持し、発展させていくことに対し、人類の英知が問われている時代に入っているのです。

 

 私どもJCEPは、設立以来一貫して地球環境のクリーン化に貢献する、持続可能なエネルギーミックスを追求する事業活動を展開してきております。地球の化石燃料資源に頼らない地球自然資源である再生可能エネルギーの現場を全国に増やすことで、その存在意義を一層高めていきたいと思います。それには、適切な競争と協調を可能とするプラットホームの存在が不可欠であり、そこを通じて技術開発や人材育成、情報交換などを円滑に進めていくべきと考えており、JCEPはそういった存在にもなりえるよう、日々切磋琢磨しております。新年も皆さまと力を合わせ、エネルギーミックスの一翼を担っていく強い決意を持って邁進して参ります。

日本クリーン環境推進機構理事長
石村 毅

「新エネルギー新聞」2017年1月9日号掲載)